過去、上から目線で、紹介してやろう。と、仰っしゃいますお方は多く御座いました。

過去、上から目線で、紹介してやろう。
と言う、接近者は多くありました。
でも、
ホツマ文字というかヲシテ文字の48音韻図も理解できていないのでは、
やっぱり、贔屓の引き倒しのレベルでしか有り得ません。
「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)族」と、
わたくしの、松本善之助先生の衣鉢を真っ当に受け継ぐ、「真書」を主張する路線とでは、
雲泥の差があります。
せっかく見つかった記紀の原書の「真書」です。
「偽書」に貶めて流布するのは間違っています。

鳥居礼君が、酷い「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)族」の代表選手です。

鳥居礼君は「偽書」派です。このことは、明らかです。
                   ・

1300年間の記紀の天下によって、古語辞典も、ヲシテ時代に遡れるものは皆無でした。
それで、『ホツマ辞典』(池田 満、展望社)を平成11年(1999)に刊行し、
さらに、『ホツマ辞典改定版』(池田 満、展望社)を、本年の令和2年(2020)に改定版の出版もしました。
                 ・
過去、上から目線で、紹介してやろう。
と言う、接近者の多くは、基礎学力が足りていないので、
あらぬ方向に向くことが多かったです。
神渡良平氏もそうでした。かれはひどかった。馬野周二氏も、そういう事に近かったです。

記紀との比較の三書比較の書籍を贈呈しても見もしないのです。

これだから、馬野周二さんはムリだとわかりました。

訂正シールを貼りに、六本木の馬野周二氏のご自宅に伺いました際に、

どこに置いたかな? って、随分と探しておられました。

伺う前に、来意は伝えておいての事で、そんな具合でした。

当時はすでに、かなり、ご高齢だったので、そんな体たらくで仕方がないか、とも思ったもので御座いました。

                  ・

と申しますように、致し方のないケースは多いもので御座います。

わたくしには、対応の慮外の事で御座います。

馬野周二氏のケースのように、こちらが、親切100%で対応しても、相手側がサッパリ解らないのです。

それはそのはずです。

なぜならば、
古典に向き合う基本の姿勢として、ヲシテ文献の原字で原文での、読み書きが出来ないのは、
基礎的な学力の不足です。

字も読めない人に、文字の意味を説明してもチンプンカンプンのわけでした。

当たり前の、

必要にして、必須の条件の学力ですね。

1アヤ・2アヤぐらいの暗唱と暗記の出来るぐらいは。
そのような、基礎学力の0%のない不足の状態で、世間に説明しようだなんて、それは、
金輪際においてご無理なお話です。
鳥居礼君のような「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)族」のなぞりのような、「偽書」貶めになるのは、
日を見るよりも明らかです。
明日には、日は登ってきます。
ヲシテ文字も読めないでは、特殊文字の使い分けにすら、チンプンカンプンです。
そんなレベルの人が、
漢字以前にも遡る、わが国のすごい「縄文文明」を説明出来るはずがありません。
Chinaにやり込められた1300年のその暴力的な文明の封じ込めの圧力に負けて、
白旗にバンザイするのが落ちです。

「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)族」に陥るのは、眼に見えています。
そのこと、もう、40年来のわたくしの経験から言って明らかな明瞭なことです。

「真書」と「偽書」の認識の差異についてが、理解不能なのが「いときょう」氏ですね。

差が解らない。それはそうです。かれは、ヲシテの文字の読み書きが出来ないんですね。

だって、カタカナで「ホツマツタエ」って入力して、ヲシテ・フォントで変換したままで、

無茶苦茶な、ヲシテの文字使いなのに得々とご満悦の体(てい)です。

そんな、無茶苦茶なヲシテの文字使いで、

名刺の印刷をやって、得々と自慢顔でした。そんな、酷い話は、もう、金輪際に懲り懲りです。

そんな、低レベルの事はさて置きましょう。

わたくしの意見も、無視して、暴発的に無茶のはなしを発散した、2例を揚げました。

鳥居礼君も含めたら3例になりますか。

この他には、もっと、数えきれないほどの多くのちょっとおかしい人たちの去来があります。

そのお方たちは、これから、変貌して、まともに変わる余地があると、わたくしは見ています。

それで、掲示にはあげませんでした。

そんなことは、まあ、ほっといて、
まずは、『ミカサフミ』でも、『ホツマツタヱ』でも、1アヤ・2アヤの暗唱と暗記をしてきてください。
ずっと、20年来に、申し上げている事で御座います。最低限の基礎の学力です。

くわしくは、『ホツマ縄文日本のたから』(池田 満、展望社)をお読みください。

そして、あなたが、本当の「ヲシテ国学」の発信者となっていってください。

わたくしは、最大限に応援致します。

| 日本史・国語 | 16:49 | comments(2) | - |

武漢で、劇症肺炎の再発もあるようです。感染の予防が、今の時期に、最も気を付けるべきだと、その、結論になると思います。

武漢での、新型コロナウィルスの再発が懸念されています。

4000床の新病院を急遽に建設していると、「大紀元」が報道しています。

再ブレークが生じつつあるのでしょう。

また、ニューヨークも悲惨な状況に、武漢の悲劇の再現にと進みつつあるようです。

急な、発病で、人工呼吸器がすぐに必要になることが、恐ろしいわけです。

https://www.youtube.com/watch?v=Kie40ifBDQI

感染者の人口比のこと、

以下のアドレスで、即時的にわかります。

https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/

実際の対応に当たった医師の話です。

https://www.youtube.com/watch?v=pGKWARC56Ws&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1tfuylIS2rK1I9gRSpFEflZCjJuT_ln2Jm4K0NrKyGDKJH54zsd4F_sUo

https://www.youtube.com/watch?v=36Dwir3nKfc

 マクロンさんのお話です。

https://www.youtube.com/watch?v=YHImoxzL5Vw

なお、栄養療法(オーソモレキュラー療法(orthomolecular medicine)の、「栄養療法」「分子栄養学」「分子整合栄養医学」)の視点から、藤川 徳美医師や、三石巌先生の考えも参考になります。

https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12585656506.html

| - | 10:51 | comments(0) | - |

録音が途中で切れてしまったお詫び。

3月21日のヲシテ講習会の録音が、

何故か?途中で止まってしまっていました。

申し訳ございません。(SWに触ってしまったか? データー量が多すぎて切れたか?)

そこで、

クラウドで保存した動画を、ダウンロードして、

CDに入れましたのを、お送り致しました。

初めての試みで、不手際があちこちと起きてしまいました。

すみません。

次回からは、もっと、上手に出来るように努力いたします。

何でも、やってみないと、わからないことが多いです。

ご宥恕のほどをお願い申し上げます。

             <近所のヤマサクラが咲きました>

クライモモの原生種のハナの便りです。もう、旧暦のヤヨイになりました。

アマテルカミのミヤ開きの季節です。本当の、わが国の「建国記念日」にするべき日です。

武漢ウィルスの人口比の数字を更新しました。ニュージーランドとスイスが、

危険なことがお解り頂けると思います。新たな展開です。

もとのデータはこちら↓

https://www.worldometers.info/coronavirus/

| - | 11:49 | comments(5) | - |

「ヲシテ講習会」は予定通りです。

今日(令和2年3月21日)の、「ヲシテ講習会」は予定通り開催致します。

ご参加のお方は、検温など異常のないことをご確認下さい。

 

なお、実況公開をする予定です。

ズームのWebで御覧ください。

https://zoom.us/j/9875339794 

上記のアドレスから入れます。

入り方の方法は、

こちら→https://zoomy.info/manuals/sanka/

見るだけでしたら、カメラもマイクも必要ありません。

         ・・

山中伸弥さんが、新型肺炎ウィルスの解説をUPしておられます。

 

| - | 02:06 | comments(0) | - |

3月21日の「ヲシテ講習会」は予定通りの事にと考えております。「注意喚起」の事の追記です。

もう、来週にも近づいてきました。

3月21日の「ヲシテ講習会」のこと、どうするか?

問合せが来ました。そこで、返事を出しました。

 

 

この今現在の雰囲気でなら、予定通りに開催できそうかな。

と、今のところの考えです。

もちろん、おいでいただく際には、体温の測定など、異常のないことを、

ご確認の上で、大丈夫とご判断の事は、宜しくお願い致します。

              ・・

ウィルスの対策の板藍根(バンランコン)のお茶も持って参ります。

ちょっとぐらいのモノは防いでおきましょう。

そして、決定打は自己免疫力のUPです。

BBCの報道が解り易いです。

https://www.bbc.com/japanese/51893715

イタリアのレベルになると、かなり危険ですので、

小さな集まりも、自粛せざるを得ません。50人以下の小グループは、まず、問題が小さいです。

東京都の判断は、500人の集まりが自粛のラインです。

https://www.youtube.com/watch?v=OiA2_ON5s7k

                  ・

もしも、急に危険が迫ってきた際のその時は、ズームのWebで御覧ください。

https://zoom.us/j/9875339794 

今は、カラスの朝ごはん中継だけをやっています。(朝、6:30ごろから7:00ごろまで)

                  ・

イタリア、イラン、サウスコリアの3国、およびスペインもポルトガルも、震源地のChinaはもちろん、地雷原なみの危険地帯。

フィリピンマレーシアなども、かなり危険なようです。(3月16日現在の状況)

要するに大人数が集まると、その中のホンの一人の感染者から、多くの感染が広がってしまう、この、元を遮断するのが大切です。

China(中共)、イタリア、イラン、サウスコリアの3国、およびスペインもポルトガル、フィリピンマレーシア

、ドイツとフランスとスペイン・ポルトガルと言った国々は、危ないです。

つまり、そこのあたりからもう少し安全気味のところは、まあ、グレイゾーンで、渡航禁止か自粛の注意程度。

日本は、グレイゾーンよりも、もうちょっとは安心のレベルです。

そう言うことで、わが国は「小康状態」だと、判断する根拠です。

https://candy-box.net/archives/3721

自分たちで、喫緊の判断をしてゆくしかない、

そんな状況に、なって来ています。覚醒が求められます。

人口比での感染者数を以下に提示します。

 

今のところ、わが国では、10万人に一人居ないぐらいのレベルです。

             ・・

なお、「注意喚起」のことをお知らせしておくべきだ、との、

お話も届きました。

以下、引用いたします。

 

私の認識としては、もう既に多くの人が症状がなくても一度はウイルスに感染しているだろうということです。

会議室で開催する場合、参加者には、それぞれの状況によってリスクを判断していただかなくてはいけません。(勿論、自立した方々ばかりですので、そうされるでしょうが)

21日から2週間以内に、もし誰か陽性となった場合、その時点から、他の参加者と周りの人が2週間、待機となります。仕事で人に会う予定の人、合併症等リスクの高い家族がいる人には、拾わないためにWifi+Zoomでの参加を勧めるのもいいように思います。

もちろん、会場でも、離れて座る、時々換気をするなどすれば、ほとんど当日のリスクはないと思いますが、4月4日までは観察が必要です。(潜伏期間については諸説ありますが、現実的な対応として)

 

上記の件のごとくで、

そう言う事を、ふまえて、参加を見合わせられるお方のために、Webの中継をしようと、

考えております。

確か、ネットのジョイントが 明覺寺さんの 会議室に有ったように記憶しています。

換気もしますので、温かい服装でおいで下さい。

               ・・

お彼岸になって来ました、お墓参りに行きましたら、

キフジが、奇麗な花で咲いていました。

数年前から比べると、随分と大きくなって居ました。

樹なりの全体のバランスを考えまして、

問題ない程度の、3枝を頂いてきました。

うちに帰って、女房は、さっそくにスケッチです。

とってもご機嫌です。

そりゃそうです、キフジなんて、最盛期の頃合いの花の入手は、

お金を出してもむつかしいことが普通です。

 

| 日本史・国語 | 20:04 | comments(2) | - |

「縄文哲学」のこと。これからの、むつかしい時代を切り拓いていく私たちに必要な知恵。ウタを、追加しました。

「縄文哲学」のこと、
解り易い導入を考えています。
いわゆる中世的な「宗教」に惑わされない、迷わされない方途の構築が、
そもそもの、私の大きな仕事のひとつのはしらではあるまいか?
中世の時代の末期思想みたいな重くて暗い暗雲の吹き払いです。
怪しい感覚をパッと吹き払って、「ヨモアケカタ」と、


未来を美しく、希望溢れる美しいものにと、真実の導きをサポートするのが、
「トのヲシヱ」の大原理を発見したわたくしの、本当の大きな仕事の役目だと思うようになりました。


「縄文哲学」、結構、この概念の説明はむつかしいです。
漢字の国字化の時代以降に蓄積された、1300年来の虚構を、
まず、ウソであったと見抜いて、排除をしてゆく理解に達し得て下さいますことが、
まずもってのはじめの一歩です。
その導入部にもなりますが、
根本的な「神観論」の、語彙の概念把握の段階で、
「神」の言葉のその意味合いの何たるか?
そこの、深淵な哲学的な考慮・考察のこと、
1冊か2冊か、に纏めると、説明ができるのか?
と、段々と、思いが詰まってきます。
もう、アマテルカミからで2000年か3000年です。
さらに、国祖のクニトコタチさまの時からはゆうに6000年にもなろうかと思われます。
わが国の、その永遠のうつくしさは、世界に比類が、まったく御座いません。
この、英知を、
この、破壊的な激動のその後に、ちゃんと打ち立ててゆくのが、
私たちの、使命ではあるまいか? と、思います。
一番初めの私たちの自立の本当の要素、それは、アマテルカミのお使いであったホツマ文字というかヲシテ文字の、
現代での復興です!!
ほんとの所、わたくしたちは、漢字以前に、わが国の6000年来の本当の固有文字を持ち、5・7調の、
文体のオーソドックスの形態も、作っていたのです。


それを、隠蔽して隠したのが、『古事記』・『日本書紀』の作成でした。
ひどいことです。
文化・文明の乗っ取りが、漢字の移入期に起きてしまったのです。
本当に、酷いことでした。

辞典を作ることで世間に広く提示することで、

基礎のベース作りが出来ると、この仕事は、ハタチ(二十歳)頃から始めましたので、

65マイナス20で、45年になります。

今年には『ホツマ辞典』(池田 満、展望社)の改定版の『ホツマ辞典改定版』(池田 満、展望社)を、出版する事が出来ました。

徐々に、少しづつ、仕事は進めてきております。

ときありや アマテルカミの

ミコトノリ アメがしらすと

アのイノチ ヨにモトメラル

イノチなりける

              ・・

 

武漢ウィルスの震源地の現状です。かなり厳しいようです。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=XXPGaAvWt40&feature=emb_logo

https://www.youtube.com/watch?v=Um4HRRPNCig

https://www.youtube.com/channel/UChqot50AxJ3BtvAXFXc-JYw

| - | 17:38 | comments(1) | - |

自滅戦争が第三次大戦か? アフター・War(ウォー)は、「ヲシテ・ルネッサンス(人間性回復・自然哲学回復運動)」で修復すべし!

国家間での大きな紛争が「戦争(War(ウォー))」であるとすると、
中共が製作した菌毒(武漢ウィルス)の漏洩が、相手国に仕掛けようとしていて、
管理の杜撰さなどから漏洩して、自滅の引き金を引いてしまったことから、
世界の各国に災禍をもたらして、大きな紛争を引き起こした。
中共による自滅的な発生の、「自滅的発生の第三次世界大戦」とも、言えようか?

それほどに、新型コロナウィルスの災禍は巨大だ。
中共による杜撰漏洩の自滅から引き起こされた生物兵器による災禍の「自滅戦争」に、
世界が巻き込まれた様相である。
人類にとって、大きな試練と言えよう。

「大きな試練」というだけの意味での中共の表現は正しい。

でも、元凶の根源は誰なのか? あなたじゃない?!! ですね。どう?責任取るの❓

             ・
その、大きな混乱の克服ののちには、
真の原因を断つ努力をしてゆかねばなるまい、と、わたくしは、強く思ってやまない。
本当の根本的な原因は「悪の思想」にあるのではなかろうか?
もっとも卑近な例で言うと、
「他人の不幸は蜜の味」という感覚だ。
「トのヲシヱ」の感覚とは、真逆だ。
ところが、世界のあちこちでもそうだが、わが国の世上でも、「トのヲシヱ」の感覚とは、真逆の思いの人も多い。
そのところを、どうやって直してゆけるか?
アマテルカミも、尊敬し追慕してやまなかった初代のクニトコタチの時代の精神だ。

それが「トのヲシヱ」の精神だ。
そこに戻すには「ヲシテ・ルネッサンス(人間性回復・自然哲学回復運動)」だ。

「縄文哲学」の復活だ!!  「ヲシテ国学」!!!


さあ、みなさま、まさに、これから! 取り組もうではないか?!!

手始めは、わが国の本当の自立だ。

文化・文明の基礎を取り戻すことだ!

せっかく見つかって、ここまで、記紀の原書の現代研究も進んできた。

本当の本当の、漢字の渡来以前の10000年ぐらい前からの、わが国文明の真実!

記紀の原書が見つかったのです!! こんな大切な意味の発見を、無視して、もう50年になってしまった。

ひどい話だ。

既得権益の利権の絡み合いの状況は、すごく、われわれの一般国民の本当の幸せにとっての根深い妨害の要素であると言える。

記紀の原書を、もう、これ以上にも無視してスルーするのは、そのこと、

もう世上の感覚でも、直訳の連中は影を潜めて来て、限界になってきつつある。

徐々にまじめにまともな評価をする機運も出始めて来ている。

直訳の連中が、いかに、害毒を流し続けてきたか、新型ウィルスの害毒にも勝るとも劣らじ。

そう思うのは、わたくしだけか??

やっとのことで、さあ、これからだ!「ヲシテ・ルネッサンス」に進められる。

希望は、やっと、次に芽生え!

そうして、

大きな潮流に進めてゆこう。

わたくしの趣味的で体力維持に有効なダンスでも、新型ウィルスの影響で、とても深信な深手を負っている。

あちこち中止やら何とかで、ほとんど閉鎖の状況でひどいものだ。

さわやかな以前の状況に、なるのは、何時の事か?

 https://itxdancer.com/video/post-3370/

かつては、こんな、技能の向上の最先端のキャンプがずっと、おこなわれていた。

今は昔にもなるのかどうか?

ヲシテの本当の国学「ヲシテ国学」にも

こう言ったキャンプ

https://www.youtube.com/watch?v=C5qyP06sv1I

https://www.youtube.com/watch?v=6M7qwKRvhug

のあることが、有効かも?

| ヲシテ・ルネッサンス | 11:19 | comments(5) | - |

『ホツマ辞典改定版』(池田 満、展望社)が、出来上がりました。女房もお金を出して購入してくれました。 ー追記ー、シクレソニドの事。カラスの朝ごはんの中継。

『ホツマ辞典改定版』(池田 満、展望社)が、ついに刷り上がりました!

細かなところが、ブラッシュアップ出来ました。

右は、修正箇所のゼムクリップや付箋です。

系図にも、ミスプリントなど修正を加えました。

さっき、アマゾンに納品をしました。明日か明後日ぐらいから、

お届けできましょう。

よろしくお願い申し上げます。

それが、前版の『ホツマ辞典』(池田 満、展望社)が倉庫にて見つかりました。

テキトーな在庫の把握です。16冊ありました。アウトレット価格でアマゾンにて出させていただきます。

あまりにもいい加減でした、すみません。

カク(タチハナ)の苗木です。これは、土佐の原生種です。

何十年来にも、ずっと、求め続けて来て来た「カク(タチハナ)」です!

本当にうれしいです。今夏に、「カク(タチハナ)」の花の香りを香げますかどうか?

フタモト(二本)とも、活着したようです。有り難い!

                           ・

新型肺炎ウィルスの関連で、新情報です。

感染発症の初期には、シクレソニド(吸入ステロイド剤)の投与が有効であるとの治験が得られたそうです。

人の知恵も新型ウィルスに対して、打ち勝つように、蓄積されつつあります。

少し、未来へのほの明かりも見えてきたか? とも思えます。

それにしても、この騒ぎの元凶は何処にあったのでしょうか?

未然に、この様な大きな災禍を防ぐには「トのヲシヱ」の精神の広まりが、これから必要なのでしょう。

なお、手先の消毒用の薬液は、

エタノールが入手困難と聞きました。

家庭用の選択に使う漂白剤のハイターで、簡単に出来ます。

やり方をお示しします。

花王さんの「ハイター」は、どこでもあると思います。

わたくしの家で多くある、焼酎の空のペットボトルに、10mlを入れます。

大体、キャップに半分ぐらいです。

それで、4リットルまで水を入れて混ぜたら完成です。

右下の空きスプレーの携帯容器に入れて、ちょっとした際に常用しています。

なお、逆性石鹸のコロナウィルスの殺菌効果は△だそうでした。

すみません。

もっと良い、効果的で安価な手先の消毒方法を説明させて貰いました。

             ・

ズーム(Zoom)の機能も急遽の事で付け加えました。

スカイプよりも、ラインよりも、もっと実用的にグレードが上等です。

これも、喫緊の大問題でのChinaウィルス・武漢ウィルスに対して防御の方策です。

もしや、これから、余りにもひどい劇症肺炎の爆発的な蔓延にでもなったら、

板藍根だけでは、対策不十分になるかも知れません。その経過から考えまして、

3月21日の京都のヲシテ講習会も何らかのWebの対策にて変更も考えなくてはならないという、

憶測が発生してまいりました。

その事情から、事前の対応策を講じておく必要からでした。

実際に使えるのか、ズーム(Zoom)の機能のテストをしています。

単なるテストでも、面白くないとつまらないです。

うちからの発信で、ちょっと面白そうなのが、

毎朝のカラスの朝ごはんの状況です。

小ぶりのメスのシャイちゃんと、

ちょっと、身体つきが大きいオスのダイちゃんが、

仲良く来ます。その朝のふたりのカラスの食事風景を中継しています。

スズメも来ます。ツグミも来ます。ヤマバトも、ヒヨトリも、ヤマゲラも、ヤマセミも、

メジロも来ます、ウクイスももちろん来ます。

いつ来るかは? わたくしには分かりません。カラスは、7:00頃は大体ご常連です。

アマテルカミも、毎朝、カラスに食べ物をやっておられたと、

わたくしは、そう想像しています。

だって、「ミヤモルカラス」(ホ11−23)ですから、

食べ物を貰えてこそ、カラスも来ます。そして、守ってもくれるのですね。

ここにも、「トのヲシヱ」です。ボディーガード料的にちゃんとアマテルカミは、

カラスに対して、可愛がって美味しいものを上げるので、

カラスも、アマテルカミのおミヤを守ってくれるのですね。

まさにまさに「トのヲシヱ」の感覚の、そのものです。

ウチでも、カラスのダイちゃんとシャイちゃんも、ちゃんと電線に居たりして見守ってくれています。

下記のアドレスから、ウチのカラスのシャイちゃんとダイちゃんご覧頂けます。

カラスの朝ごはん中継は7:00ごろから9:00過ぎまで(食べ終わったら終了します)です。

パソコンのカメラで遠隔でよく観察し始めてから、

食べ物の好みがさらに、詳しくわかってまいりました。

アマテルカミの、おっしゃいます通りです。

良くもの知れば「カントホリ」(ホ‐13)です。

カナサキ(スミヨロシ・スミヨシ)さんのご意見に100%の、

賛同をなされたアマテルカミでした。

「カミ(アマテルカミ)の みこころうるわしく」ヲシテ文献の原文にしっかりと読み取れます(ホ‐14)です。

https://zoom.us/j/9875339794 ←カラスの朝食の風景です(7:00〜9:00頃まで。食べ物の完食で終了します)。

 

カラスの朝ごはんのメニューの変遷です。(ここ、5年ほどの経過です)

回転寿司のごはん→おにぎり🍙→パン→パンにマヨネーズまぶし(時々、ソバやウドンなども混ぜます)→ほど良い大きさにちぎったパンにドッグフードを混ぜてマヨネーズをまぶします。(パスコ(敷島製パン)のスナックパンが一番のお好みです)シャイちゃんは、ドッグフードが大好き。ダイちゃんは大きめのパンが好きです。

  

| 日本史・国語 | 18:40 | comments(0) | - |

記紀の原書の『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』などヲシテ文献のこと。与那国文字も江戸時代ごろであるので、奈良時代にも遡れないです。

「神代文字」の触れ込みで、かつて、幾つものモノが提出されてきました。

それらは、すべてがすべて、「カミヨ(神代)」に遡れないものです。だから「偽書」なのです。

『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』などヲシテ文献の、これ以外はすべて、時代が、江戸時代以降ぐらいに降っての成立です。

古い「縄文文字ヲシテ を 復活!」のこの記事のコメントに記入してもらいましたが、

しばらく使っていなかったので、使い方の操作方法を誤って、削除してしまいました。すみません。

投稿の内容は次のようです。

「内容: -------- ヲシテ以外にも古代文字としての可能性が高いものは幾つかあるし、与那国にはれっきとした古代文字がありました でも、この書き方ではヲシテ以外は全てデタラメみたいに見えますよ」

との指摘です。

そうなのですね。『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』などヲシテ文献以外の「神代文字」を名乗る様々なモノモノは、すべて、「偽書」です。

今回のご指摘での「与那国文字」も、その成立時代は、せいぜいのところ、江戸時代かと思われます。

一俵とかいう、江戸時代以降の概念に文字が充てられているから、

それでは、成立時期は、その持てる語彙の成立時代を遡ることは、原理的に無理です。

与那国文字のこと、「古い文字」(江戸時代ごろか?)という認識では、私も、同意できます。

「古代文字」というには、その「古代」の意味合いについて、もう少し考えるべきでしょう。

すなわち、与那国文字の場合も、とてものことに、奈良時代を遥かに遡るとの理解には、100%同意できません。

そういうわけで、

記紀の原書の位置としての、『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』などヲシテ文献の、

その同格にあるものは、寡聞にしてわたくしは、お目に掛かったことがございません。

一応、普通に目に出来るものは、すべて見ました。でも、まともなものは、他には一切見当たりませんでした。

要するに、漢字の渡来以前にその存在が、実在が根拠を持って理解できるものは、

ただ、ただ、『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』などヲシテ文献だけなのです。

コメントにご記入のとおり、です。

『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』などヲシテ文献以外は、すべて、インチキであるという事。

明らかであります。

わたくしは、『古事記』・『日本書紀』との対比比較や、語彙の漢字以前の存在を明らかにしてゆくことで、

証明をおこなう研究をもう、半世紀近くにも続けてきております。

わたくしの、研究の足取りを、どうかご覧になってください。

来週には『ホツマ辞典』(池田 満、展望社)の改定版の『ホツマ辞典改定版』(池田 満、展望社)が、

印刷上がりになります。

刷りを重ね・版を改めて、総部数は10000部にも近づいたかと思います。

系図(A版全判)も付録してあります。どうか、この本を見てから、私の主張の事を、

もう一度、お考え下さい。

 

ー新情報ですー

Chinaの真実らしい説明です。もう、10日も前のUPでした。

https://www.youtube.com/watch?v=5tM5aCM7wHs

 

大紀元の解説です。

https://www.youtube.com/watch?v=hQwM0fZzBCE&feature=emb_rel_end

 

武漢の病毒(ウィルス)研究所が爆破されたようです。

https://ameblo.jp/cymbopogon/entry-12577156935.html

 

対応策です。

https://www.bbc.com/japanese/video-51670506

 

わが地球の南北の局地域の氷が融けてきているのは、真実のような?

一体何が真相であるのか??

https://www.bbc.com/japanese/video-51639910

 

| 日本史・国語 | 18:53 | comments(2) | - |

ウィルスの感染予防に「板藍根」のこと。

ウィルスの感染予防に「板藍根(ばんらんこん)」が良いそうです。
東京のお医者さんから教えていただきました。

日々、ウィルスと向き合っておられるお医者さんです。

日常的に切実なので、適時に「板藍根」の顆粒製剤を服用なさっておられるとのことです。

「板藍根」のこと、わたくしは、初耳でした。

アマゾンでも、入手ができます。

今さっき、アマゾンで注文しました。

焙煎のものと、顆粒にしたものの2種類を注文しました。

苦いのだそうです。苦さを味わってみたいこともあります。

「板藍根」のこと、
調べましたら「ホソバタイセイ」という植物です。アブラナ科です。普通にそのあたりに育つ草です。
染色にも使っていたそうです。
藍染めの植物です。藍染めが風邪予防に良いともされたのも、一理あるかも知れません。

追伸、

「板藍根」の服用に関しての、付記の情報です。

 板藍根は日本の漢方ではあまり使わないのですが、

中医学も勉強しましたので、煎じ薬ではよく使っています。

松浦の板藍根は単味で製品化されており、美味しいので、

保険収載の生薬ではありません(自費)が、患者さん方にも

味も値段も飲みやすい、と好評です。

 効果もいいと思って使っています。

 

 今回のコロナウィルスにも効いてくれるといいです。

 のみ方は、症状の強いときに多めに服用するのがいいです。

・予防的に出かける前と帰宅後に服用する、

・のどがチリっとしたり、咳をしている人と接したら服用しておく、

といった服用の仕方がいいと思います。

 「のどがチリっとした」のように何か症状があるときには、

1回に2包服用したり、2時間後にもう1包服用する、など、

多めに服用するといいです。

 

 先生は日頃からお体を気をつけていらっしゃるので、きっと反応がよくて

少量で済むかもしれません。

 

 使用法に書かれている量は、あくまで目安でお考えください。

 

 コロナウィルスは本来、表面のトゲトゲが脆いウィルスなので、

風に飛ばされたり、界面活性剤に触れるとトゲトゲがとれて感染力を失います。

 クルーズ船の乗客が「周りの人と2メートルあけて散歩するように」と注意されたのはそのためです。

2メートルも飛べばウィルスの表面についているトゲが取れてしまうのです。

 SARSの時には、この性質は残っていました。

隔離病棟を密閉せずに窓を開けて風を通したり、扇風機で風をおこしたところ、

感染が抑えられたという報告があります。

 また、界面活性剤にも弱いので、石けんで手を洗うこと、薄めた石けん水で拭き掃除することが

有効です。

SARSの時には、隔離病棟で薄めた石けん水噴霧が有効であったと報告されています。

 

アルコールも貴重品になっていますので、石けんもご活用ください。

石けん水でしたら、アルコールのように乾燥するのを待たずに済むので、使い勝手もいいかと思います。

(逆性石鹸も効果ありのようです。池田 満:注)

 

 もうご存じのことかと存じますが、老婆心より。

 

 新型コロナウィルスが変異して、

この「トゲトゲが取れやすい性質」がインフルエンザのように頑丈になっていないことを祈りつつ。

 もう1つのコロナウィルスの性質、「気温が上がると活動が止まる性質」も保っていてほしいです。

 

 

今日のことに詠みましたウタです。

 アマテラス カミもうやまう

 カミヨなれ 決めるも難き

 古きコトハ(文章)の

3000年もの昔にもさかのぼる、古典中の古典です。

簡単に、その、重い扉は開き得ません。

まずもって、ホツマ文字というかヲシテ文字の習得は、実際に必要な、最低限の学力です。

当たり前の事です。古典をやるのに、基礎の原字原文の素養が無かったら、いつまでたっても「カタカナ英語」のレベルのままです。

夏目漱石だって、馬鹿にしちゃって、話にも、そのひとつの俎上にも上がりません。

直訳の人たちは、まったくどうしたものでしょうか?

ひとつ現れ来る光明は、そのような直訳のレベルと、

こちら、のサイドの、まじめにホツマ文字というかヲシテ文字の習得から、

ちゃんと基礎を積み上げてきている、そういう、まじめなお方が増えて来て下さいましたこと、

それが、何よりも何よりもうれしいです。

ホツマ文字というかヲシテ文字の習得が、あってこそ、アマテルカミのお考えが今に現代にも、パッと解ってくるのです。

すごい事です。

アマテルカミが、どうして、こんなにもすごいお方であられたか!?

その本当の理由について、真実がわかる!!!

これが、記紀の原書の『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』などヲシテ文献です。

ただし、漢字直訳だと江戸時代に時代も内容も引きずられてヘンになってしまいます。

それを、防ぐには原字原文です。

手間でも、めんどいことであってもここが一番の重要な事です。

かつて、40年来、多くの人がミチを間違いました。

直訳に振れて、Chinaに媚を売ってしまったのです。

直訳の人たちの、哀れさです。

でも、でも、気が付いたら、いつだって出直すことは出来ますよ!!!

と、わたくしはいつも思っています。

顔を洗って来てくださいましたらば、いつだって、わたくしは受け入れます。

「マモラヌは ナキとしるへし」です。

| - | 10:04 | comments(2) | - |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 過去、上から目線で、紹介してやろう。と、仰っしゃいますお方は多く御座いました。
    いけだ (04/01)
  • 過去、上から目線で、紹介してやろう。と、仰っしゃいますお方は多く御座いました。
    白濱 (04/01)
  • 録音が途中で切れてしまったお詫び。
    山脇幹夫 (03/27)
  • 録音が途中で切れてしまったお詫び。
    いけだ (03/27)
  • 録音が途中で切れてしまったお詫び。
    山脇幹夫 (03/26)
  • 録音が途中で切れてしまったお詫び。
    いけだ (03/24)
  • 録音が途中で切れてしまったお詫び。
    古賀実芳 (03/24)
  • 3月21日の「ヲシテ講習会」は予定通りの事にと考えております。「注意喚起」の事の追記です。
    いけだ (03/19)
  • 3月21日の「ヲシテ講習会」は予定通りの事にと考えております。「注意喚起」の事の追記です。
    白濱 (03/19)
  • 自滅戦争が第三次大戦か? アフター・War(ウォー)は、「ヲシテ・ルネッサンス(人間性回復・自然哲学回復運動)」で修復すべし!
    いけだ (03/09)
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM