『ホツマ ツタヱ』1アヤの5回目。「キタ」の意味のこと。

アマテルカミは、国民の幸せのために、と、
長生きをなさって下さっておられました。
それも、誰も食べられないほどの、
苦い苦い薬草をお召し上がりになられて、です。
長寿の薬草のチヨミクサは、とても苦かったとの事でした。
          ・
と、
カナサキさんから、わたくしたちがこの話を聞きますと、
この、日本人ならジーンとくる感動の話は、
『古事記』にも『日本書紀』にも、
たったの一行ぽっちだって、書かれていません。
だから、翻訳ものの、劣化コピーの『古事記』や『日本書紀』は、
ダメだっていう事で御座います。

とくに『古事記』は、ネストリウス派の神教の影響が強いので、

良く良く注意すべしです。

この点、本居宣長はポンコツだったと言えます。

1300年前の帰化人グループのおとしめに、気が付かないのです。

言ってみれば、お花畑もいいところでした。

それに比して、本居宣長の師だった賀茂真淵は偉かったですね。

松坂の一夜の物語は有名でしたが、

いまでは、あまり聞いた事無い人も多いようです。

やっぱり数段の格上です、賀茂真淵は。

けっこうの識者でも、戦中や戦後生まれのお方は、

『古事記』と『日本書紀』との違いも知りもしないお方も多いです。

本居宣長は、生涯かけて、あこがれの恩師の賀茂真淵に不実の償いをしていました。

事実上の「破門」をされたからですね。

三重県の津市の石水美術館に、それと解かる書簡が保管されています。

わたくしが思いまするに、師の先にと乗り越えてゆく事は、

本居宣長には出来得なかったのでしたですね。残念ながら。

「破門」されたら、「ミソギ」をして出直してくるか?

または、師の先にと歩みを進めるか?

ふたつにひとつ、前進的なスタンスではですね。

どちらにも、前向きの展開が出来得ず、悶悶と、

世知辛くやっていっただけの人物が、本居宣長だったとも言えましょう。

彼も、そこで、脱皮をして行けたら、すごかったとも思います。何しろ、彼は、頭いいし。

なんでも「根性」が大切だと思います。とくに、あたらしい「国学」の樹立という、

大きなテーマでは、尚更です。

 


       ・       ・
さて、さて、

『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」に、話を戻しましょう。
私たちもそうですが、
ヒトは、天地自然からの恵みを受けて、生命を繋げています。
一時だってそうです。
アマテルカミのご長寿も、やはり、天地の恵みを得てこそだったのでした。
天地の恵みの事も、東西南北の「キツサネ」の名称にも反映がされての命名でした。
温かさを得る「みなみ」とは、活力のみなもとです。
多くの活力を得るようにと、アマカミ(古代に天皇陛下)の「ミヤ」は、


南向きに建築されていました。これが常識的な標準です。
今でも、神社の多くは南向きに建築されています。
アサキ(朝の気)を受ける南、とも言えますし、
もっと深く踏み込んで考えますと、


「ア(アメ・宇宙の源)」からの「サ(さわやかに広がる)」の「キ(エネルギー・ナミ・恵みのちから)」
を、多く受けるのがミナミで「ミ(実・身・身体)」に「ナミ(成りくるもたらし)」の意味にも取れます。
樹木でも、南側は年輪の幅が広くて、早く成長しています。「ミ(実・身・身体)」に「ナミ(成りくるもたらし)」を、


多く受けるからです。
そうして、南向きに建築されるアマカミの居宅はミヤと呼ばれます。
「ミ(実・身・身体)」に「ナミ(成りくるもたらし)」の来るのが、

「ヤ」のように際立つからです。だから、「ミヤ」と呼ばれるのです。


「ヤ」は、上方の「ア」との繋がりを表します。大地に当たり広がる雰囲気も表現しています。
大宇宙の中心からの恵みを、人々に広めるイメージに成りましょうか?
そのミヤの、後ろ側は、「キタ」と言います。
「キタ」も意味の込められた言葉です。


「タ」が「来る」ことの意味が込められてもあるようです。
「タ」は、温かさの充満してくる春の事でもあります。
ヲシテの文字をよく見て貰うと解かります。


棒が3本、丸の空中に入っています。
温かさの棒が4本。
冷たさの棒が4本。
この入れ代わりで、季節変化を表現します。ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メの、原理です。
「縄文哲学」の基礎です。
これも、ヲシテ文字で書かないと訳が分かりません。

基礎的な概論は、辞典の『ホツマ辞典』(池田満、展望社)で既述しています。
「タ」の文字は、棒が3本、丸の空中に入っているので、
「ハル(春)」に相当します。
「キタ」の言葉を説明するにも、「縄文哲学」が必要です。
「縄文哲学」に基礎をおいて、漢字以前の時代の文化・文明は形作られていたからです。
「キタ」の説明を聞くだけで、もう、お疲れでしょう。
今回はこの辺で置きましょう。まずは、みなさま、『ホツマツタヱ』か、『ミカサフミ』の、
1アヤ、2アヤを暗唱・暗記なさってみてください。
やり方は、『ホツマ縄文日本のたから』(池田 満、展望社)を見て貰うと解かります。
漢字以前の我が国の大文明は、ここが、扉を開く入り口です。

さらに、くわしいく新たな新発見の概念の事は、『よみがえる縄文時代 イサナギ・イサナミのこころ −新発見『ミカサフミ ワカウタのアヤ』アマテルカミが解き明かす−』(池田 満、展望社)で、ご覧下さい。

 

| 日本史 | 17:40 | comments(4) | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 『ホツマツタヱ』1アヤの7回目。交感神経と副交感神経の事。
    山脇幹夫 (07/16)
  • 『ホツマツタヱ』1アヤの6回目。「キタ(北)」の言葉と、「タ(春)」との関係性の事。
    いけだ (07/15)
  • 『ホツマツタヱ』1アヤの6回目。「キタ(北)」の言葉と、「タ(春)」との関係性の事。
    ヨシダユキヒロ (07/15)
  • 『ホツマツタヱ』1アヤの6回目。「キタ(北)」の言葉と、「タ(春)」との関係性の事。
    いけだ (07/15)
  • 『ホツマツタヱ』1アヤの6回目。「キタ(北)」の言葉と、「タ(春)」との関係性の事。
    山脇幹夫 (07/14)
  • 『ホツマツタヱ』1アヤの6回目。「キタ(北)」の言葉と、「タ(春)」との関係性の事。
    いけだ (07/14)
  • 『ホツマツタヱ』1アヤの6回目。「キタ(北)」の言葉と、「タ(春)」との関係性の事。
    山脇幹夫 (07/14)
  • 『ホツマ ツタヱ』1アヤの5回目。「キタ」の意味のこと。
    いけだ (07/13)
  • 『ホツマ ツタヱ』1アヤの5回目。「キタ」の意味のこと。
    山脇幹夫 (07/13)
  • 『ホツマ ツタヱ』1アヤの5回目。「キタ」の意味のこと。
    いけだ (07/13)
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM