記紀原書の発見から、長命の記事のリストです。『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」に、長命の事をピックアップしました。

記紀の原書の発見と、現代研究の始まりの事ですから、
この、現代のこの50年は、
わが国の歴史認識においての、
ドギマギのランクをはるかに超えたる出来事でした。

そのなかで、長命に関する記事の確認が幾つもあります。

記紀の原書ですから、事実として、受け入れてから考えるべしです。

かなり、ご長命の事がうかがわれます。

アマキミ、あるいはスヘラギの、ご宝寿の事は、『ホツマ辞典』を見てもらえば、

「年表」で、すぐに、わかります。それ以外で、目立つところの、

アススのコヨミで確実なところを、リストにしましたのが、

上記の、表です。

健康長寿の、その、支えの参考になるかと思いました。

            ・・

ご長寿のお方々の、ひとこと解説です。

 

ワニヒコ、『ホツマツタヱ』の28アヤ(章)までを編集した人物。クシミカタマとも言う。ワニヒコが28アヤまでの記し染めた書物(巻子本、おそらく絹本であろう)は、アハのアカタ、つまりアワミヤに納めおいたと記述がある。(ホ28-110(7515)、ホ40-96(10778))アワミヤの場所が何処だったのか? 議論百出の現在の状況である。飛鳥時代にも活躍した三輪氏、大神氏の源流の祖先にあたる。カンヤマトイハワレヒト(神武天皇)の、ヤマトウチ(二朝廷並立の統合、漢字時代になってからは直訳的な「東征」とも)に重要な寄与をしたミギのトミ(右の大臣)。代々のミギのトミで、初代がソサノヲの子のオオナムチ。国家の平穏と平和をつかさどるのが役目。

 

アメタネコ、『ミカサフミ』の前半の方を編集したと、推察される人物。『ミカサフミ』は、現在の発見分が約2割程度であるため、アメタネコがどの程度の編集に関わったのかの詳細は未詳。平安時代に藤原氏となってゆく、源流の祖先にあたる。国家の、行く末を見つめ、大きなタテ(経て)の道筋の間違い無きを保つのが仕事。

 

イキシコメさま、9代スヘラギのフトヒヒさまの、正皇后になられた。イカシコメさまのお名前も以前にあった。かなりの魅力的なお方様であられたと、推察される。クレオパトラも楊貴妃も、それは、大して目じゃないほどだったようだ。イキシコメさまは、もっとすごいのが、さらなるご長寿。とにかくもすごいお方様であられた。ヒトとして、この世に生を受けたのだから、イキシコメさまのことは、わが教訓にとすべきか?(スヘラギは、神武天皇以降の天皇陛下の事を示すことが多い言葉)

 

トヨスキヒメさま、初代のミツエシロ(伊勢神宮の斎王)のお方様。

 

ヤマトヒメさま、二代目のミツエシロ(伊勢神宮の斎王)のお方様。伊勢神宮の再興を為されたお方様であられる。

 

ヲシロワケさま、12代のスヘラギ。漢字時代になってから景行天皇と、呼ばれて、こちらのお名前の方が現代の私達には、なじみが深い。ヲシテ文献に記載のある最後のスヘラギ。ヲシテ文献の記載の後になってから、ミヤコ(首都)をヲウミ(近江)にお遷しになられているのが、『日本書紀』の記載に載っている。外国からの情勢が緊迫してきている事を指し示していると、推考できる事柄だ。ヲシテ文献以降は、『日本書紀』など、漢字文献に拠ってしかわが国の歴史は辿ることが出来ない。

 

ヲヲカシマ、『ミカサフミ』の最終の編集をした人物。平安時代に藤原氏となってゆく、源流の祖先にあたる。激動の、漢字の流入を余儀なくされて来る時代に、切羽詰まった「国士」的な思いから、高齢をおしても、『ミカサフミ』の編集に命をささげた人物であると考えられる。さすが、「ヒタリのトミ(左の大臣、臣下の第一番)」の重責を、一身に受けて、最高齢の活躍も、まだ未だしの思いが、ヲヲカシマさんのこころの内であったと、わたくしは推察する。祖先の、その深い世界観・哲学の境地にまだ辿り着けていないと、忸怩たる思いはヲヲカシマの胸に去来していた事だと、わたくしのそう思うところだ。もちろん、わたくしも、ヲヲカシマさんのところに一緒になって苦しんでいるからそう思うのである。

 

オオタタネコ、『ホツマツタヱ』の最終の総合の編集をした。タタネコとも、ミワのタタネコとも言う。飛鳥時代にも活躍した三輪氏、大神氏の源流の祖先にあたる。先輩のヲヲカシマに、常に強い影響を受けていたのがオオタタネコだったのだろう。代々の「ミギのトミ」としての重責を、『ホツマツタヱ』の最終編集の仕事に燃え尽くしたと言えよう。どうみても、高齢に鞭打ってもの、先輩のヲヲカシマと、相携えての切羽詰まった緊迫感のこの、大仕事が『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』、また、キミ(ヲシロワケさま)にては『カクのミハタ(『フトマニ』など)』の最終の編集の仕事だったわけだ。切迫しつつある状況、今にも眼前に見るようだ。

| 歴史から長寿・健康まで | 23:15 | comments(2) | trackbacks(0) |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    いけだ (11/14)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    山脇幹夫 (11/13)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    いけだ (11/13)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    いけだ (11/12)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    山脇幹夫 (11/12)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    山脇幹夫 (11/12)
  • 『古事記』『日本書紀』の原書の発見。「ヲシテ国学」の構築の事。
    いけだ (11/05)
  • 『古事記』『日本書紀』の原書の発見。「ヲシテ国学」の構築の事。
    山脇幹夫 (11/05)
  • 相手の事を思う、「カリ(雁)」のこと。
    いけだ (11/03)
  • 相手の事を思う、「カリ(雁)」のこと。
    山脇幹夫 (11/02)
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM