<< アメミヲヤ(天の御祖、Mi woya)のこと。本当に高度な、とても精緻な哲学の内容に裏付けされています。天地開闢(てんちかいびゃく、あめつちのひらきはじめ)とも密接に関連しています。さすがの、縄文土器のあのすごさの時代性と、まさに、同一時代性を感じます。 | main | 記紀原書の発見から、長命の記事のリストです。『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」に、長命の事をピックアップしました。 >>

『古事記』『日本書紀』の原書の発見。「ヲシテ国学」の構築の事。

『古事記』『日本書紀』の原書の発見と、
その現代研究の事が、
此処まで進んできているのだと、
そう、わたくしは、まじめに、
訴えて、ずーっと四十六年来に来ています。

『定本ホツマツタヱ』、『ホツマ辞典』や、『ホツマツタヱを読み解く』などの出版で、

根拠をくわしく述べ得ております。もちろん、解説書も多く出版しております。

でも、

世の中は広いので、広くには知られていません。

ほんと、世の中は広い事で御座います。

今朝の、「日経新聞」の「私の履歴書」の前橋汀子さんの話でも、

バイオリンのソリストにナタン・ミルシテインと、言う立派な人が居たことを、

わたくしは、初めて知りました。

 

              ・

『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」が、ここまで、

発見後の現代研究で、此処まで解かっても来ましたけれど、

一般への、ちゃんとした普及を阻んでいるのは、

直訳の、安直訳文が演出した「偽書」としての広まりのためでした。

 

「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」が悪さをしていたのです。


鳥居礼など「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」の族の人達が、跳梁したがために、
悪いイメージを及ぼしてしまいました。
松本善之助先生は、苦虫をかみつぶした表情でしたですね。

直訳にと、その偽書作りは、敗戦後に、はなはだしかったですね。

せっかくの、記紀の原書のその、大発見なのに…。

悲しいものでございます。

それが、敗戦後以来の悲しい真実で御座いましょうね。

 

                 ・


とは申しましても、
当時は、まだまだ、「縄文哲学」の真相については、解明の以前だったことも、残念ながら、事実で御座いました。

このあたりに付きまして、

『ホツマツタヱ発見物語』(松本善之助、展望社、池田 満編)に、

解説に記載を致しました。
やや、
「縄文哲学」の全容を明らかにし得たのは、
『ホツマ辞典』の出版の時点のあたりでしょうか。

これを読んで、馬野周二さんが、わたくしに話を聞きたいと、

すっ飛んでこられました。

それで「第一人者」だと、馬野周二氏が認定をして評価を下さいました。

また、松本善之助先生からのご評価はこちらをご参照ください。
もっと前には、『ホツマ神々の物語』において、大まかには示し得ていまして、この本は、再出版しまして『ホツマ縄文日本のたから』(池田満、展望社)として、再版を繰り返しております。おかげさま。もう、今回で5刷目になります。前版の『ホツマ神々の物語』でも3刷りですから、合せますと、8刷りにもなりますか。松本善之助先生のご評価も、とても、抜群で御座いました。

考えてみましたら、松本善之助先生の脳血栓など大病のその以前に、

ご評価戴けました書籍は、わたくしの、処女出版の『ホツマ神々の物語』のただ一冊だけでした!
ヲシテの真実性が、すこしづつ世に浸透してきて来ましたら、それこそ初版本は希少価値のプレミアが付くような事にもなりましょうか? あれ、もう、わたくしの手元にも少ししか無いです。



そう言いますれば、『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』や、

『カクのミハタ(『フトマニ』)』の「ヲシテ文献」の解明にも、
新解明のアイデアが少しづつ現われて来ています。時代は、進みます。

3000年来の不思議の宝物のトビラも、

少しづつ、すこしづつ、開いていっております。

 

わたくしは、ちゃんと、作り上げてゆくだけで御座います。

ご評価のことは、それは、あくまでも、世間様のご判断で御座います。

一応は、松本善之助先生や、馬野周二氏のご評価も頂いておりますが、

まだまだ、まだまだ、先の山は「ヲシテ国学」の樹立ですから、

もっともっと、大きな仕事が待ち構えています。

          <今、取り組んでおります、「助詞」の研究です>

             ・

でも、でも、

よく考えましたらば、

この、ここ15年で、

随分の「ヲシテ国学」樹立への深化の解明が起きて来ています。

あと、20年あれば…、

と、思います。

せめて、10年ですね。

「ヲシテ国学」の大まかな樹立には、根幹のところが、見えても来つつ御座います。

まじめにやっていれば、こそだと、そう思います。

もっと、明瞭になってくるまでの、あと、10年か20年ほど、

それまで、どうか、

木簡の様な確定的にわかる発掘材料の掘り上げは無い事を願っております。

        <京都のヲシテ講習会の写真です>

もう、すこしで、文献学的には、あと少しで大きな山場が越えられそうで御座います。

何と申しましても、

文献学でしか、精密な思想内容にはくわしくたどるすべは御座いません。

掘って出てくるモノには、精神性の概念は、どうしても、希薄ですから…。

 

| 日本史・国語 | 07:39 | comments(8) | - |
Comment
お早うございます。

馬淵睦夫さんの発見された「日本の力」、すばらしいことです。
ホントは、「トのヲシテ」「トのヲシヱ」の精神が、
「日本の力」の源にあった!
と、「縄文建国」からの事を、私の提唱をするところです。

直訳で、「トのヲシヱ」を語るとおかしくなりますし。
直訳で、「オノコロ」を語るとおかしくなります。

ところが、詳しく説明しようとすると、此処がむつかしいのです。
こちらが、ヲシテのレベルの説明をしようと思っても、
受け手側が「直訳レベル」の要求だったら、行き違いの齟齬が生じてしまいます。
ここがむつかしい。
千円札と、五百円玉で、
もしか、ヲシテ時代にタイムスリップして行って、お礼をしようと思ったら、きっと、五百円玉を欲しいって言われますよね。
千円札の方がいいんだって、どう言っても納得はして貰えそうにもないですね。
相手の真剣さ、理解度の到達具合を良く良く見定めないと、無駄な努力に終わる恐れが強いです。

アマノコヤネさんも、「はやき、おそきも こころあり」って、おっしゃっておられたように。

馬淵睦夫さんも、言葉を選んで説明をなさって居られますね。
深遠で複雑なことは、伝えるのがむつかしいです。

昨日は、椿大神社にお参りしましたら、753のお祝いで、綺麗に着飾って大賑わいでした。
いろいろと、辻さんから教えてもらって、よくそんな事が伝わっていたのだ、と、ビックリしました。
おみくじを引きましたら、「努」の教えでした。
「いつもよりも少しだけ前に進むことを心がける

ほんの小さな毎日の努力の積み重ねが…  」
と言った内容でした。
まったく、不思議なことで、
言葉の解明の作業に、いま取り組んでいますので、コツコツと地道な仕事を毎日しています。
「努力」の「努」ですね。
サルタさんが、見ていても下さって居るように思いました。
そして、協力をして下さいますお方も、良いお方がたくさんお出になられて来て下さっています。

時代は、前向きに進んでいますね。
さて、「国語」のヲシテからの解明の仕事に、これから、コツコツと仕事開始です。
2018/11/05 1:47 AM, from いけだ
池田先生、先日は本のご紹介をありがとうございました。
馬渕睦夫さんの『感動的な「日本」の力』を読ませていただきました。
先生の言われる通り、本当に良書だと思いました。
馬渕さんは、ウクライナ・モルドバ大使など長い外交官としてのお勤めを経験して
おられて、本当の意味で広い国際感覚が身についておらる
数少ない日本の知識人ですね。

この本では、東日本大震災をきっかけにして、日本の「力」と課題を説き起こし、
まず讃えるべきは、被災者の忍耐強い冷静な行動であって、
それとは反するように、情けないのは、危機管理ができていない
リーダー不在の日本の政府が指摘されています。
この2つについて、究明することが日本の再生に繋がると言われます。

第二次大戦中にフランスの駐日大使だったポール・クローデルは、
世界でどうしても滅んで欲しくない1つの民族として日本時のを挙げたそうです。
「日本人は貧しい。しかし高貴である」とクローデルは戦後の日本を評したのですが、
はたしてその言葉は、今の日本を見ても言ってもらえるのか?

お腹をすかしているのに、貰ったパンを妹のためにポケットにしまい込む少年。
このような姿こそ、ポール・クローデルは「貧しくても高貴な日本」と
言ったのでしょう。しかしながら、経済的に豊かになった日本を見て、どう思うのか?
「豊かだけど、卑屈だ!」と、言われるのではないかということが、
現代日本の問題なのですね。確かに今の日本は、自虐史観がまかり通り
「卑屈」だと思えます。

ところが、日本人が思う以上に、
世界は日本の良さを評価して、日本のことを教育に取り入れているのですね。
ウクライナでは、小学校の5年生の時から、「わび」「さび」「もののあわれ」
を教えているそうです。小学校の教科書に松尾芭蕉を9ページ取り上げているのに
ゲーテは3ページと、日本の精神性の方を西洋のものよりも尊重していたりしている
ようです。これには、驚きました。

また、芥川龍之介の短編小説「神々の微笑み」の話で、
キリスト教の宣教師、オルガンティノの前に現れた老人の霊の話も面白かったです。
ある日、老人の霊が出てきて、結局キリストは日本で勝つことはできないだろう、
「イエスは日本に来て、日本人になる」だろうと告げたという話です。

それほどに、日本は異国文化を日本流に造り変える力があったということですね!
この造り変える力が働くか、働かないかに
これからの日本の将来もかかっている、と馬渕さんは感じておられるのですね。
広い視野での解き明かし、「大東亜戦争の原因」などは、日本人全員に知っていて
欲しいことですし、とても分かりやすい解説でした。
*****

平成30年は、平成の最後の年になりました。
時代の変わり目は、流石に今までの問題が集大成のように雪崩を打って出てきています。
馬渕さんが示される方向が、私もこれからの日本の指針になると思います。
日本が良い方向に舵取りできますように、微力でも協力していきたいと思います。
良書を推薦していただきまして、こころより感謝しています。
2018/11/05 12:09 AM, from 山脇幹夫
池田先生、本のご紹介ありがとうございます。
早速、Amazonに注文入れさせて頂きました。
もう明日到着するみたいで、読みましたら、
感想をご報告させていただきたいです。
いつも、ご指導感謝しています。(*&#8304;&#9663;&#8304;*)
2018/10/30 8:04 PM, from 山脇幹夫
山脇幹夫さま

馬淵睦夫さんの著書の事で、
『いま本当に伝えたい 感動的な「日本」の力』(聡和社)が良い本だと思っています。
何冊か見ましたけれど、彼の著書で、これが一番良いかな?
と、思っていました。
まとまった考えは、
書籍に表すにしかず、で有ると思います。
2018/10/30 7:38 PM, from いけだ
青山拓哉さま

了解いたしました。
どうぞおいで下さい。
11月17日は、
『ホツマツタヱ』23アヤの前半を予定しています。
ヲシテ文字の書き取りの練習もしてもらって、書き方の質問も受け付けています。
2018/10/30 7:05 PM, from いけだ
11月の京都での講習会に参加したいので、ご連絡させて頂きました。gmailからだったので、うまく送信していないかもと思い、再送させて頂きました。宜しくお願いいたします。  豊中市 青山
2018/10/30 1:52 PM, from 青山拓哉
トランプ旋風は、もう、社会現象ですね。
情報支配の勢力が、もう、シリコンの新石器時代の革命で、
時代革新の潮流だという事でしょう。
日本では、百田潮流の『日本国紀』が起きようとしています。
GHQ史観が、総崩れになるという事かと思います。
さて、
その後に、
やっと、「日本」おとしめの自虐史観からの解き放たれで、
モノの見方が変容してきましょうか。
自虐史観のままに、ホツマを読むと、
鳥居礼流や、その亜流の、今村的な読み方になる訳で、
「いときょう」も、同じ穴のムジナ。
それは、おかしいと、
気が付いても来ましょうか?
その時代になるまでは、
地下百尺のことで、じっと、オコロの如く、
「いかすり」に精進しております。
さきほども、夢見に、ひとつ、良いアイデアを見出しました。
おもしろいです。今、書きとめに起き出してきたところです。
『ホツマツタヱ』や『ミカサフミ』や、『カクのミハタ(『フトマニ』など)』の「ヲシテ文献」は、
すごいものですね。
感動します。
やはり、ヲシテで考えると、言葉がそのタカラモノの宝石のような光が輝き出ます。
 
須賀神社の事、感動ものですよね。
淡路島じゃなかったかも?
そこまでして隠したかった、部類の事項だったと思われます。
それにしても、淳仁天皇さんの時代、その頃も動乱につぐ動乱の時代ですものね。
漢字の国字化の端緒の時代も、同様に、ものすごい激動の時代であったと、
そう、推察されますね。
それをふまえて、
ヲシテ時代からの通史も、モノにしてゆかねばなりません。

今、「国語」をまずやって、
そのうちに「通史」ですね。
そうそう、
入門書の本も、やらねば、とも…。

あと、100年は気張らないといけません。すくなくとも、で有ると思っています。
2018/10/30 1:12 AM, from いけだ
気候もやっと涼しくなってきたのもついこの間、
朝は、寒さを感じる程になってまいりましたですね。

私は、前回出かけた際には、到達できなかった「須賀神社」へ
この休みに行ってまいりました。
前回は台風21号の暴風のあと、倒木処理の工事も進められていて、
残念ながら引き返してきましたが、今回は、道路の整備も進んで
私の知識もついて、ちゃんと到達できました!(笑)

琵琶湖の北岸にあたる菅浦の地は、流石に淳仁天皇さまが都を追われて
隠棲されていたという謂れのある土地ということもあって、
隠れ里に相応しい周りを山と湖に囲まれた静かな村でした。

宮跡の名残、集落の領域と下界を区切る西の四足門と東の四足門の二つも
今でもちゃんと建っていて、ここは他とは違う特別な場所だということも
これを見ただけでも判りました。

大きな鳥居の先は、長い長い上りの坂道、手水舎の先は石段があって、
そこから先は、土足厳禁の立て札がありました!
池田先生の小説にもありましたとおり、昔は村の人は裸足で上がったようです。
でも、今は行ってみると、スリッパの下駄箱が用意されていて、
「参拝される方はスリッパをご利用ください」という貼り紙がありました。

私は、朝のうちの雨で石段が濡れていたということもあって、
やっぱり、スリッパに履き替えて石段を上がり、参拝させて頂きました。
上がってみると須賀神社の名の通り、
実に清々しい空気に、心も身体も満たされる思いがしました。

ここは、集落の名前も菅浦、神社も須賀神社で、
先日、ホツマツタヱのタカマナルアヤの特別講義で
出てきた、「スガノトコロ」という言葉を思い出しました。

ミ6ー31 「カレカミマツル サコクシロ スガノトコロは コレニクラベン」

スガノトコロをタカマとか大嘗祭のユキスキノミヤがあったところ
と考えますと、はやり、須賀神社は天皇のおられた宮だったのだなと、
思いながら帰ってまいりました。


さて、最近私は「国難の正体」を書かれた馬渕睦夫さんのお話をYouTubeで
聴いています。吉田さんの推薦もあって、「ひとり語り」が1〜8まで
アップされているのですが、元外交官だけあって国際情勢の本当の
話を実に分かりやすくお話しして下さっています。

「ひとりがたり」馬渕睦夫No.8 ディープステートの正体とは?
https://youtu.be/Z85BnnOPmZ4

全編版
https://www.youtube.com/playlist?list=PL7MaEu9i584fGdp78r27h-eH0rmWLioEC

このお話では、アメリカを動かしている本当の黒幕は
ディープステートと呼ばれるユダヤ系の金融家だと、既にハッキリ
言える時代になって来ているという事でした。

ズビグニー・ブレジンスキーが「The Choice」という本に書いて出している。
ですから、もう今までタブーだったことを言っても
陰謀論だと言われることもなくなった!と、
馬渕さんは力強く言われていました。

説明がうまく出来なくて申し訳ありませんが、
私が思いますのは、ヲシテ文献が世界平和の為にとても尊いものでありながら、
既存の学会では偽書だと決めつけられ、学者の方々も扱うことさえ
タブーとされているのだと思いますが、そんな時代ではなくなって
来ていると言うことです。

トランプさんが、マスコミから散々非難を浴びながらも
まさかの大統領に当選しました!
これもインターネットによる情報化で、時代が変わった!社会が変わった!
そしてそれは、みんなが正しい情報を知るようになったからなのだと思われます。

世界の黒幕、NWO(New world order)による、気象操作やTPPのことを
考えてていましたら、不安になって来ていましたが、
良い方に向かう力も働いていると、
これからの時代が楽しみになってまいりました。
2018/10/29 11:15 PM, from 山脇幹夫










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    いけだ (11/14)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    山脇幹夫 (11/13)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    いけだ (11/13)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    いけだ (11/12)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    山脇幹夫 (11/12)
  • 「あるひ」の「ひ」の特殊ヲシテ文字のこと。ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字には、多くの特殊文字の使い分けがあります。
    山脇幹夫 (11/12)
  • 『古事記』『日本書紀』の原書の発見。「ヲシテ国学」の構築の事。
    いけだ (11/05)
  • 『古事記』『日本書紀』の原書の発見。「ヲシテ国学」の構築の事。
    山脇幹夫 (11/05)
  • 相手の事を思う、「カリ(雁)」のこと。
    いけだ (11/03)
  • 相手の事を思う、「カリ(雁)」のこと。
    山脇幹夫 (11/02)
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM